建物附属設備・構築物の減価償却方法の見直し

こんにちは! 新宿の税理士 福嶋です。

今回は、減価償却方法の見直しについて、少しお話ししたいと思います。

平成28年4月1日以降に取得する、建物附属設備及び構築物の減価償却方法ですが、定率法が廃止され定額法の一本化になりました。

定率法と定額法では、初期の減価償却費で大きく変わりますので、購入時期を考えてはいいかがでしょうか。

 

カテゴリー: 未分類   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク