マイナンバー

こんにちは! 新宿の税理士 福嶋です。

今回は、マイナンバーについて、お話ししたいと思います。

平成28年1月から開始するマイナンバー制度では、配当や剰余金の分配等の支払調書に記載する株主個人番号の告示等について経過措置が設けられている。

既存の株主については、「平成28年1月1日以降3年を経過した日以後最初の配当等の支払日までに行うことが出来る」とされ、その間告示を受けるまでは支払調書に個人番号を記載しなくてよいとされている。 

一方、平成28年1月1日以後の新たな株主については、猶予規定がないため、平成28年分から個人番号を記載した支払調書を提出することとなります。 

カテゴリー: 未分類   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク